親知らずの抜歯【口腔外科】

親知らずを抜くべきかお悩みではありませんか?

「親知らず」は、10代後半から奥歯のさらに奥に生えてくる歯のことです。昔の人よりも顎が狭くなっている現代人にとって、親知らずは生えてくるためのスペースが足りないことがほとんど。まっすぐ生えてくるケースは非常に少なく、周囲の歯や歯並び、歯ぐきなどにさまざまなトラブルを引き起こしやすい、厄介な存在として知られています。そのため、抜歯が最善の処置となることが多く、痛みに恐怖心を抱かれている方も少なくありません。

親知らずは抜歯が必要?

「親知らずは必ず抜歯すべき歯なのでしょうか?」こういったご質問をよく聞きます。上記でご説明した通り、親知らずはほとんどの場合、まっすぐ生えてこず、何らかの問題を引き起こします。しかし、抜歯しなくても問題のないケースもあります。

親知らずを抜歯しなくてもいいケース

次のような条件を満たしていれば、抜歯することなく保存できます。

  • 歯列から外れずに生えている
  • まっすぐ生えている
  • 咬み合う歯もまっすぐ生えている
  • 歯ブラシが届き、ブラッシングもきちんとできている
親知らずを抜歯した方がよいケース

親知らずの状況や、周囲の歯へ与える影響に次のようなものがあれば、抜歯の必要性が高まります。

  • 歯ブラシが届かずきちんと磨けない
  • 親知らずや周囲の歯を虫歯や歯周病にさせやすい
  • 他の歯を圧迫し、歯列を乱す原因となっている
  • 横向きに生えたり斜めに生えたりして、痛みや炎症が生じている
  • 咬み合う親知らずがない(すでに抜歯している・もともとない)

きちんと生えてこない親知らずを放置すると、痛みや違和感が生じるばかりか、お口の中の健康バランスを崩してしまうことになります。抜歯が必要かどうかの診断は、歯科医師が慎重に判断するべきこと。親知らずが生え始めた、うずく、痛みがある方は、お早めに当院へご相談ください。また、他院での診断に不安や疑問を感じた方へのセカンドオピニオンも受けつけていますので、お気軽にお問い合わせください。