院長インタビュー・医院Q&A

院長インタビュー

岩田先生の診療についての考え方・こだわりについて教えてください。

患者さんと向き合うときに、歯科医師としての意見を押しつけるのではなく、対話することを第一に考えています。患者さんがお口の症状で何に困っているのか、どういうふうによくなりたいのかにしっかり耳を傾けます。そのときは治療をせずに相談内容にアドバイスするだけのこともあります。それから、聞くこと(カウンセリング)と同時に、治療について正しく理解してもらえるよう、説明し同意してもらえること(インフォームドコンセント)も重視しています。

治療時に気をつけていることは?

虫歯でも歯周病でも、治療が必要になると少なからず身体へのダメージがあります。また、痛みだけでなく、歯を削ったり神経を取ったり、虫歯や歯周病に侵されているとはいえ、身体の一部を取り除くことになりますので、喪失感などの心理面でもダメージが考えられます。当院では、患者さんへのカウンセリングやご説明をしっかりと行ってはいますが、治療時にそういったダメージをできるだけ軽減できるような言葉のかけ方などにも配慮しています。

毎日の診療の中で何か感じることはありますか?

私のポリシーとして「診療」は「心療」だと考えています。私たちはつい技工物や補綴物などモノとして考えてしまいがちです。しかしそれを使うのは人間だということ。対人間、対こころです。高度な技術を使った治療も必要にですが、その時“その患者さんにとって何が必要なのか”を診断する力を私たちはもっと養っていく必要があるように思います。

長年の歯科医師人生で得た気持ちや感じたことを教えてください。

当院へは、長年通ってくれる常連さんが多いんですね。治療期間が長いという意味ではなくて、歯のことで気になることがあれば、すぐウチに相談してくれる方が多い、定期検診などをきちんと受けてくれる方が多い、という意味です。そういった方々が、歯医者を探している方へ当院を紹介してくれる、売り込んでくれることが多いので大変ありがたいと思っています。

うちが近隣の小学校や保育園で歯科校医をしているせいか、お子さんから高齢の方まで、ご家族で通ってくれるお家もあって、皆さん親しみを持ってくれているようでうれしいです。歯科診療や歯の勉強会などを通して、長年地域医療に携わった成果がこういった形になっているのは本望だと思います。普段は、歯が大事、健康が大事と皆さんにいっていますが、一番大切なのは「人との絆」であり、それを支えるのが健康だと実感しています。

最後に、このページをご覧の方へ、メッセージをお願いします。

当院では、治療を行う前の予防に力を入れています。何より、患者さん自身が「歯医者へ行こう!」と思ってくれる力がもっとも大切です。お口ことで困ったこと、心配なこと、気になることがあれば、いつでもご来院いただきご相談ください。当院へは、治療はせずにご相談だけで来院される方もいます。どうぞ気兼ねなく、困ったことがあればお越しください。

岩田歯科医院 Q&A

当院をご利用いただく方から寄せられる、よくあるご質問にお答えします。こちらにないご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

予約は必ず必要でしょうか?

はい、まずはお電話ください。なお、緊急時には対応いたしますので、お困りのことがあればお電話でご相談ください。

保険証は必要ですか?

はい、初診の方は健康保険証や医療証等を必ずお持ちください。保険証の確認ができない場合、保険診療としての取り扱いができませんのでご注意ください。また、月初めの診療でも確認いたしますのでご持参ください。

待ち時間は長くなりますか?

当院では、待合室でお待たせする時間をできるだけ短くするため、余裕をもったスケジュール調整を行っています。ご来院の際は、受付から診療室へのご案内を10分以内にできることを目標としております。患者さん自身のご都合もあるかと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。

通院時に、どれくらいお金がかかるか知りたいのですが……

当院では、保険診療・自費診療を患者さんにお選びいただき、治療内容の説明の際には、どれくらいの費用がかかるかをお伝えしています。また、初診後や治療後には必ず、次回行う処置内容や必要な費用についても説明しますのでご安心ください。疑問点や気になることがあれば、いつでもおたずねください。

妊娠中に歯の治療は受けられますか?

妊娠周期やお口の状況によって異なります。気になる症状がありましたら、お気軽に当院へご相談ください。

子どもを歯医者へ連れて行くのは何歳くらいからがいいですか?

小さなお子さんの場合、前歯が生えてくる1歳ぐらいから通ってもらうことをおすすめしています。歯医者に慣れるためにも、お口に異常がなくてもお気軽にご来院ください。

子どもの治療には保護者は同席できますか?

お子さんのお気持ちや状況に応じて、親御さんの同席も可能です。親御さんがいないほうがいい場合もありますし、同席してもらったほうがいい場合もあります。ケースバイケースで柔軟に対応しておりますので、お子さんの治療で気になることがあればご相談ください。

自宅や介護施設への訪問診療はしていますか?

はい、行っております。訪問診療は12:30~お伺いさせて頂いております。まずは、お気軽にお電話でご相談ください。なお、訪問診療の対象となるのは、高齢や障がいを理由に寝たきりである、入院中である、退院後在宅で静養しているなど、通院・外出が困難と判断される方に限られます。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンは、直訳すると、「第二の意見」。主治医の診断や治療方針・治療内容について疑問があるときに、第三者である専門家に意見を求めることをいいます。さまざまな角度から検証し、治療の説明を受けることで、主治医の考えをより深く理解できる糸口となることもあります。

セカンドオピニオンは、診療ではなく「相談」となりますので健康保険が適用されず、全額自己負担となります。当院では、セカンドオピニオン外来も受けつけておりますので、お気軽にお問い合わせください。